一般紙・特殊紙の販売・オーダーなら紙卸商の「株式会社山利」

紙の規格

現在日本で製造される紙はJIS規格(日本工業規格)で代表的な寸法が決められており、製紙会社の供給する寸法が「紙の原紙寸法」や「全紙」などと呼ばれます。 以下のサイズ規格表に主要なサイズが記載されております。
皆様に身近なA4サイズ(210×297)やA3サイズ(297×420)などは「A列」と呼ばれる仕上げ寸法で、ドイツの工業規格を基礎とした、国際的な紙の寸法の規格です。 一方B4サイズ(257×364)やB5サイズ(182×257)は「JIS B列」と呼ばれる仕上げ寸法で、元々は日本独自の寸法の規格になります。
下記は主要なサイズ規格表になります。
※メーカー・銘柄によって規格が異なる場合があります

サイズ規格表

↓横にスクロールしてください
A判 B判 四六判 A全判 菊全判 その他
判型 mm×mm 判型 mm×mm 判型 mm×mm 判型 mm×mm 判型 mm×mm 判型 mm×mm
A1 594×841 B1 728×1030 四六全判 1091×788 A全判 880×625 菊全判 939×636 官製はがき 148×100
A2 420×594 B2 515×728 四六半裁 788×545 A半裁 625×440 菊半裁 636×469 名刺 91×55
A3ノビ 453×308 B3 364×515 四六4切 545×394 A4切 440×312 菊4切 469×318 CDジャケット 120×121
A3 297×420 B4 257×364 四六8切 394×272 A8切 312×220 菊8切 318×234    
A4 210×297 B5 182×257 四六16切 272×197 A16切 220×156 菊16切 234×159    
A5 148×210 B6 128×182                
A6 105×148                    

紙の断裁

紙を断裁機で直線的にカットし、最適なご要望のサイズにすることが紙の断裁です。 「紙の規格」にある紙の原紙寸法からご指定の断裁方法やご指定のサイズに断裁をします。 正確に断裁を行うため、熟練の断裁機オペレーターと断裁機及び刃物のメンテナンスが不可欠です。 寸法の指定がない場合は、弊社では原則として下記の寸法により断裁を行います。

↓横にスクロールしてください
  四六判 A判 B判 H判 L判 菊判
断ち方 仕上がり寸法          
全判化粧         800×1100  
半切天地 788×543 625×438 765×541 900×600 800×548 636×468
半切化粧 785×543 622×438 762×541     633×468
3切化粧 785×362 622×292   900×400   633×312
4切化粧 392×543 311×438   450×600 398×548 468×316
廻し5切化粧 467×316          
角6切化粧 392×362 311×292       316×312
8切化粧 392×271 311×219       316×234
長6切化粧            
9切化粧 363×261          
長10切化粧 392×218          
廻し10切化粧            
16切化粧 271×196          
18切化粧 261×181          
断裁方法

封筒の規格

封筒の規格
PAGE TOP